コンサート

コンサート解説

ベルリン・フィルのジルヴェスター・コンサートは、毎年映像収録され、テレビで中継されています。1月1日のウィーン・フィル、ニューイヤー・コンサートと並んで、クラシック音楽界の一大イベントと呼べるものです。

1998年の演奏会は、「愛と憧れの歌」がテーマ。モーツァルト、ヴェルディ等、有名オペラのアリアや情景と、ベルリオーズ、ビゼーの管弦楽曲を組み合わせた華やかなプログラムとなっています。ここでは、クラウディオ・アバドとベルリン・フィルのほか、ヨーロッパで活躍するオペラ歌手が勢揃いし、大晦日のベルリンの夜を盛り上げています。

当夜の目玉は、なんと言ってもイタリアの大ソプラノ、ミレッラ・フレーニ。得意とする歌劇《エフゲニー・オネーギン》より〈手紙の場〉を歌い、貫禄の歌声を披露しています。

ドイツのソプラノ、クリスティーネ・シェーファー、アルゼンチンのテノール、マルセロ・アルバレス、イギリスのバリトン、サイモン・キーンリーサイドも、当時は国際的なデビューの直後。3者とも、若々しい歌声を聴かせています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー