ユジャ・ワン(聞き手:アンドレアス・オッテンザマー)

中国人ピアニストのユージャ・ワンが、プロコフィエフのピアノ協奏曲第2番でベルリン・フィルと初共演を果たしました。超絶的技巧、パフォーマーとしての華の点で、今最も話題のピアニストのひとりですが、最初のベルリン・フィルとのステージを、切れ味鋭くクリアしています。ショスタコーヴィチの交響曲第1番は、作曲家が弱冠19歳のときにレニングラード音楽院の卒業制作として書いた初期の傑作。NHK交響楽団の首席指揮者に就任した俊英パーヴォ・ヤルヴィの指揮でお楽しみください。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・クラリネット奏者、アンドレアス・オッテンザマーです。

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー