インタビュー
2011年10月8日

ニコライ・ズナイダー(聞き手:アミハイ・グロシュ) (15分)

当コンサートは、ベルナルド・ハイティンクの指揮で予定されていましたが、急病により、チェコの若手指揮者ユライ・ヴァルチュハが登場することになりました。プログラムは、ベートーヴェンの《英雄》から、チャイコフスキーの「交響曲第1番」に変更されましたが、ニコライ・ズナイダー独奏のシベリウス「ヴァイオリン協奏曲」は予定通り演奏されています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第1ソロ・ヴィオラ奏者、アミハイ・グロスです。

コンサート