ユライ・ヴァルチュハがベルリン・フィルに代役デビュー

当コンサートは、ベルナルド・ハイティンクの指揮で予定されていましたが、急病により、チェコの若手指揮者ユライ・ヴァルチュハが登場することになりました。プログラムは、ベートーヴェンの《英雄》から、チャイコフスキーの「交響曲第1番」に変更されましたが、ニコライ・ズナイダー独奏のシベリウス「ヴァイオリン協奏曲」は予定通り演奏されています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ユライ・ヴァルチュハ

ニコライ・ズナイダー

コンサート解説

© 2011 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー