アンドラーシュ・シフ(聞き手:ジョナサン・ケリー)

アンドラーシュ・シフが、バッハのピアノ(チェンバロ)協奏曲第1番とモーツァルトのピアノ協奏曲第20番という2つのニ短調協奏曲を弾き振りにより披露しました。シフならではのピアニズムと生き生きとしたオーケストラとの対話が楽しめる演奏になっています。その合間に、ハイドンの交響曲第100番《軍隊》が取り上げられました。インタビューでは、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、ジョナサン・ケリーが聞き手を務めています。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー