A・シフがモーツァルトのピアノ協奏曲第20番ほかを弾き振り

2010年4月17日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アンドラーシュ・シフ

  • ヨハン・セバスティアン・バッハ
    ピアノ(チェンバロ)協奏曲第1番ニ短調 (24分)

    アンドラーシュ・シフピアノ

  • ヨーゼフ・ハイドン
    交響曲第100番ト長調《軍隊》 (28分)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    《ドン・ジョヴァン二》序曲&ピアノ協奏曲第20番ニ短調 (48分)

    アンドラーシュ・シフピアノ

  • 無料映像

    アンドラーシュ・シフ(聞き手:ジョナサン・ケリー) (28分)

アンドラーシュ・シフが、バッハのピアノ(チェンバロ)協奏曲第1番とモーツァルトのピアノ協奏曲第20番という2つのニ短調協奏曲を弾き振りにより披露しました。シフならではのピアニズムと生き生きとしたオーケストラとの対話が楽しめる演奏になっています。その合間に、ハイドンの交響曲第100番《軍隊》が取り上げられました。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する