アーティスト

アンドラーシュ・シフ

指揮, ソロ

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、バルトークのピアノ音楽で、シフが上演、録音をしたことのない作品は皆無といってよく、これらのレパートリーのスコアをほぼ完全に頭に入れている。

彼はまた室内楽とリート伴奏にも情熱を注ぎ、1999年には自ら室内オーケストラの「カペラ・アンドレア・バルカ」を創設。ソリストと指揮を務めている。ベルリン・フィルとは1989年のデビュー以来共演を重ね、2008/09年シーズンにはピアニスト・イン・レジデンスを務めた。

コンサート映像

インタビュー

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー