ヘルベルト・ブロムシュテットによる楽曲解説

ヘルベルト・ブロムシュテットが得意のブルックナーから演奏機会の比較的少ない交響曲第6番を選び、熟練の解釈を披露しました。前半のベートーヴェンの三重協奏曲では、当団第1ソロ・コンサートマスターのダニエル・スタブラヴァ、第1ソロ・チェロ奏者のルートヴィヒ・クヴァントのほか、ピアノのマルティン・ヘルムヒェンが息の合ったソロを展開しています。

© 2010 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー