タベア・ツィンマーマン(聞き手:ヘルゲ・グリューネヴァルト)

2009/10年シーズン最後の演奏会では、セミヨン・ビシュコフが客演しています。ハイライトは、タベア・ツィンマーマンの独奏によるバルトーク「ヴィオラ協奏曲」。このほか、ラヴェルの《クープランの墓》、ブラームスの交響曲第2番が演奏されました。インタビューでは、ベルリン・フィルのドラマトゥルク、ヘルゲ・グリューネヴァルトが聞き手を務めています。

© 2010 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー