インタビュー
2020年10月8日

タベア・ツィンマーマン(聞き手:ユリア・ガルテマン) (15分)

2020/21年のアーティスト・イン・レジデンスを務めるタベア・ツィンマーマンにとって、ヒンデミットは重要な作曲家であると言います。それゆえ彼女がこの演奏会でヴィオラ協奏曲《白鳥を焼く男》を演奏することは、不思議とするに当たらないでしょう。この作品の奇妙な標題は、第3楽章の旋律に使われているドイツ民謡の名前に依っています。これに対し、バルトークのディヴェルティメントは、ハンガリーとルーマニアの民族舞踊に取材した作品。冒頭で演奏されるカール・フィリップ・エマヌエル・バッハの交響曲二長調は、ウィーン古典派を予見する音調を示しています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴィオラ奏者、ユリア・ガルテマンです。

コンサート