キリル・ペトレンコ(聞き手:スタンリー・ドッズ)

キリル・ペトレンコが、ベルリン・フィル首席指揮者就任前の最後となるコンサートで、チャイコフスキーの交響曲第5番を指揮しました。ペトレンコは2017年に第6番《悲愴》を指揮していますが、濃厚なロマン性をもつ今回の「第5」も期待に違わぬ 圧倒的な演奏となりました。このインタビューでは、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、スタンリー・ドッズが聞き手を務めています。

© 2019 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー