インタビュー
2020年2月12日

キリル・ペトレンコ(聞き手:クリストフ・シュトロイリ) (17分)

当コンサートでキリル・ペトレンコが指揮したのは、1940年から50年代にかけて書かれた3つの作品です。リズミカルな力を持つストラヴィンスキーの3楽章の交響曲、革新性とブラジルの雰囲気が融合したツィンマーマンの《アラゴアーナ》、そして艶めかしくメランコリックなラフマニノフの交響的舞曲。いずれも12音技法とは一線を画した明確な調性を持ち、興味深い聴き比べになることでしょう。聞き手は、ベルリン・フィル第2ヴァイオリン奏者のクリストフ・シュトロイリです。

コンサート