特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員に、K・ペトレンコ指揮ベートーヴェン「第9」の特典CD/DVDをプレゼント!
注文はこちらから

ペトレンコがストラヴィンスキー、ツィンマーマン、ラフマニノフを指揮

ペトレンコがストラヴィンスキー、ツィンマーマン、ラフマニノフを指揮

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
キリル・ペトレンコ

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    3楽章の交響曲

  • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
    バレエ組曲《アラゴアーナ》(ブラジル風奇想曲)

  • セルゲイ・ラフマニノフ
    交響的舞曲

The music of the 20th century is often considered inaccessible. Kirill Petrenko shows how wrong this prejudice is with three works written between 1940 and 1950 which differently convey sensuousness and energy. We experience rhythmic power in Stravinsky’s Symphony in Three Movements, the combination of innovation and Brazilian Flair in Zimmermann’s Alagoana and finally, the voluptuous melancholy of Rachmaninoff’s Symphonic Dances.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する