インタビュー
2020年1月23日

キリル・ペトレンコ(聞き手:マルティン・メンキング) (16分)

キキリル・ペトレンコがベルリン・フィルとマーラーの曲を初めて共演。文字通り圧倒的な名演を生み出しました。交響曲第6番はマーラーの作品群の中でもとりわけ複雑さを極め、激情と牧歌、自然、勝利とカタストロフィー、生と死が渾然一体となっています。世界のパノラマとマーラーの内なる世界を伝える作品といえるでしょう。アルマ・マーラーは「これほど彼の心から直に湧き出た曲は他にない」と述べています。聞き手は、ベルリン・フィル、チェロ奏者のマルティン・メンキングです。

コンサート