アラン・アルティノグリュ(聞き手:フィリップ・ボーネン)

アラン・アンティノグリュがフランスと縁の深い2つの作品を指揮しました。ストラヴィンスキーの《プルチネッラ》はバレエ・リュスのためのバレエ作品として書かれ、1920年にパリ・オペラ座で初演されました。作曲家が後に編曲した組曲版では、新古典主義時代の軽妙なバレエ音楽のエッセンスをお聴きいただけます。メインはビゼーの交響曲ハ長調。作曲家が17歳の時の作品で、若々しいエネルギーに満ちています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴァイオリン奏者、フィリップ・ボーネンです。

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー