バイバ・スクリデ(聞き手:アレクサンダー・イヴィッチ)

アンドリス・ネルソンスはベルリン・フィルとはこれまでマーラーの交響曲第5番と第2番を共演してきましたが、今回は《巨人》の副題でも知られる出世作の交響曲第1番を指揮しました。前半のストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲では、ネルソンスの長年の芸術パートナーであるヴァイオリンのバイバ・スクリデがソロを担当しています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴァイオリン奏者、アレクサンダー・イヴィッチです。

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー