アルノルト・シェーンベルク

作曲

20世紀初頭のほかの作曲家同様、アーノルド・シェーンベルクは調性を放棄し、「互いに関連するだけの12の音符」による作曲法を用いて、真に新しい音楽へ向けての急進的な変化を遂げた。ある伝記作家が彼を「保守的な革命家」と呼んだように、彼は決して過去との決別にこだわらなかった。彼は、十二音技法とそれ以前の時代の音楽とのつながりをたゆまず強調した。

アーノルド・シェーンベルクは、ヴァイオリンとチェロを演奏したが、基本的に独学だった。彼の音楽家としてのキャリアは、1890年代半ば、まだウィーンの銀行ヴェルナー社に勤めていた頃に始まった。アマチュア・オーケストラ、ポリヒムニアのメンバーとなったのである。その指導を務めていた、アレクサンダー・ツェムリンスキーがシェーンベルクの唯一の師となり、レッスンは主に音楽理論についての活発な議論で構成された。やがて合唱団の監督や音楽教師として生計を立てていったシェーンベルクは、1901年にツェムリンスキーの妹であるマチルデ・ツェムリンスキーと結婚した。ベルリンでは、エルンスト・フォン・ヴォルツォーゲンが作ったキャバレー「ユーバーブレットル」のカペルマイスターの職に就いた。この間にリヒャルト・シュトラウスとも出会い、シュトラウスはシェーンベルクに全ドイツ音楽協会のリスト奨学金とシュテルン音楽院の講師の職を与えた。 シェーンベルクは1903年にウィーンに戻った。ここで彼は、アントン・ヴェーベルンやアルバン・ベルクなど、好奇心旺盛な学生たちを惹きつけた。室内交響曲第1番を含む無調音楽作品によって物議を醸したコンサートの後、シェーンベルクはベルリンに再び戻り、シュテルン音楽院で教鞭をとった。この間に、《月に憑かれたピエロ》や《グレの歌》の世界初演で成功を収めた。 第一次世界大戦後、シェーンベルクは「私的演奏協会Verein für musikalische Privataufführungen」を設立し、バルトーク、ブゾーニ、ドビュッシー、マーラー、プフィッツナー、ラヴェル、レーガー、スクリャービン、シュトラウス、ストラヴィンスキーなど、シェーンベルクとその弟子たちが重要だと考える作曲家たちの作品を、シェーンベルクの作品とともに演奏した。1923年、シェーンベルクは十二音技法を発表。この技法は、半音階のすべての音を等しく用いるというもので、物議を醸したが、その影響力は絶大であった。 1925年、シェーンベルクはベルリンのプロイセン芸術アカデミーでの職に任命された。ナチス政権が誕生すると、ユダヤ教に改宗し亡命。ボストンとニューヨークで教鞭を執った後、1936年にカリフォルニア大学の教授に任命され、同地で1951年に死去した。

今後のライブ配信

コンサート映像

全27件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー