キム・ウンソン指揮によるシェーンベルク《期待》とラフマニノフ「第3」

サンフランシスコ・オペラの音楽監督、キム・ウンソンがベルリン・フィルにデビューします。このデビュー公演では、20世紀初頭の音楽がいかに対照的であったかを示す2つの作品が演奏されます。シェーンベルクのモノドラマ《期待》(独唱:タマラ・ウィルソン)は、恐怖と希望の間における激しい雰囲気の描写が斬新です。他方、ラフマニノフの交響曲第3番は哀愁を帯びた回想が特徴的な作品です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キム・ウンソン

タマラ・ウィルソン

© 2024 Berlin Phil Media GmbH

アーティスト

キム・ウンソン 指揮
アルノルト・シェーンベルク 作曲
セルゲイ・ラフマニノフ 作曲

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー