アーティスト

ズービン・メータ

指揮

ベルリン・フィル史上最年少の25歳で、初めて指揮台に立ったズービン・メータ。この鮮烈なデビューによって、緊密な芸術的パートナーシップと、数え切れぬほどの忘れがたいコンサート体験が生まれることになった。これほど長くオーケストラを振り続けた指揮者はおらず、これほど頻繁にベルリン・フィルを率いた客演指揮者もほぼ存在しない。

メータは2019年2月にベルリン・フィルの名誉団員の称号を授与され、2011年10月に同楽団の指揮台に立って50周年を迎えて、その5年後には80歳の誕生日をベルリン・フィルと共に祝った。 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団の首席指揮者を歴任。コンサート活動のほか、1998年から2006年までバイエルン国立歌劇場の音楽総監督を務めるなど、世界中の名門歌劇場で数多くのオペラ公演を指揮している。ウィーン楽友協会の名誉会員に列せられ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニック、フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団、バイエルン国立歌劇場、ベルリン・シュターツカペレの名誉指揮者でもある。 弟ザリンと共に、父親の名を冠したメーリ・メータ音楽財団を、故郷であるインド・ボンベイに設立。クラシック音楽の素晴らしさを、子供たちに伝えている。また、テルアビブのイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団との、シュワラムとナザレ両都市におけるプロジェクトを通じて、イスラエル人とイスラエル国内に住むアラブ人の若者たちの教育にも携わっている。

今後のライブ中継

コンサート映像

全22件を表示

ドキュメンタリー

インタビュー

全10件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー