指揮者とデモクラシー

ベルリン・フィルは世界中のオーケストラでも最古の自主統治制のオーケストラです。このフィルムでは、サー・サイモン・ラトルがクラウディオ・アバドの後継者として選出されたという出来事に光を当てます。アバドは1998年2月に退任を発表し、1999年6月にラトルが選ばれたのでした。

監督: イザベル・イトゥリアガゴイティア および パウル・シマツニー (2002)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クラウディオ・アバド

ダニエル・バレンボイム

ベルナルド・ハイティンク

ロリン・マゼール

ズービン・メータ

サー・サイモン・ラトル

エサ=ペッカ・サロネン

概要

© 2002 EuroArts Music International

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー