メータとブロンフマンがバルトークのピアノ協奏曲で共演

ズービン・メータとピアニストのイェフィム・ブロンフマンは、長年の芸術的なパートナーシップで結ばれています。ブロンフマンが1983年にベルリン・フィルにデビューしたときの指揮者もメータでした。このプログラムでは、2人の共演によるバルトークによる超絶技巧のピアノ協奏曲第2番と、この世での苦悩を描きつつも、最後に人生の喜びをたたえるチャイコフスキーのドラマチックな交響曲第4番をお聴きいただきます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ズービン・メータ

イェフィム・ブロンフマン

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー