メータとブロンフマンがバルトークのピアノ協奏曲で共演

「多くの情熱と暖かさ、詩情と親密さ」(「ベルリン・モルゲンポスト」紙)でもって、ベルリン・フィルとズービン・メータによるシューマン《ゲノフェーファ》序曲により演奏会の幕が開けました。ベルリン・フィルの名誉団員であるメータは、オーケストラとだけでなく、イェフィム・ブロンフマンとも長いパートナーシップを築いています。ブロンフマンの独奏によるバルトークのピアノ協奏曲第2番に続き、チャイコフスキーの交響曲第4番の心を打つ演奏が披露されました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ズービン・メータ

イェフィム・ブロンフマン

© 2023 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー