バレンボイムの弾き振りによるモーツァルト「ピアノ協奏曲第20番〜第27番」

ダニエル・バレンボイムは卓越したモーツァルト弾きとしても知られ、多彩なニュアンスと曲の劇性を余すことなく表現できる数少ないピアニストの一人です。彼が1980年代後半、ベルリンのジーメンス・ヴィラでベルリン・フィルと収録したモーツァルトの後期ピアノ協奏曲(第20番〜第27番)は、いずれも甲乙をつけがたいほどの名演揃いとして知られています。半世紀以上に及ぶ両者の共演歴においても、最美の記録に数えられるでしょう。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ダニエル・バレンボイム

© 1986-89 Metropolitan

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー