アーティスト

ダニエル・バレンボイム

指揮, ソロ

現代においてダニエル・バレンボイムほど膨大なレパートリーを持つ音楽家はないだろう。彼は最初ピアニストとして、後に指揮者としてもキャリアを積み上げた。1950年、弱冠8歳で故郷ブエノスアイレスで公開演奏を行った。1967年に指揮者としてデビューし、これまでパリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ミラノ・スカラ座の首席指揮者・音楽監督を歴任。バイロイト音楽祭での指揮は伝説にもなっている。

1992年からはベルリン国立歌劇場の音楽監督に就任し、2000年にはベルリン・シュターツカペレの終身首席指揮者の称を得た。1999年にはパレスチナ人の文芸評論家エドワード・サイードとウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を立ち上げ、2015年には中東出身の若い音楽家のための「バレンボイム・サイード・アカデミー」を設立。中東における民族間の理解や和平プロセスのために力を注いでいる。ベルリン・フィルには1964年にピアニストとして、1969年に指揮者としてデビューした。これまでの共同作業のハイライトに数えられるのは、イスラエルへの最初のツアー、1989年11月のベルリンの壁崩壊記念コンサートである。

今後のライブ中継

コンサート映像

全35件を表示

ドキュメンタリー

インタビュー

全9件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー