パールマンがブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏。指揮はバレンボイム

1992年、イツァーク・パールマンのベルリン・フィル・デビュー20周年を祝って、ダニエル・バレンボイム指揮で4回の演奏会が行われました。ベートーヴェンとブラームスの両コンチェルトを弾いていますが、ここではブラームスの方が紹介されています。パールマンならではのつややかな音色をお聴きください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ダニエル・バレンボイム

イツァーク・パールマン

© 1992 EuroArts Music International

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー