1993年1月22日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベルナルド・ハイティンク

シルヴィア・マクネアー, ヤルド・ファン・ネス, エルンスト・ゼンフ合唱団

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第2番ハ短調《復活》 (89分)

    シルヴィア・マクネアー, ヤルド・ファン・ネス, エルンスト・ゼンフ合唱団

ベルナルド・ハイティンクは、1990年代にベルリン・フィルとマーラーの交響曲を連続的に演奏しました。その多くは、フィリップス(現デッカ)・レーベルでCDとしてリリースされましたが、幸いなことに、コンサート映像も複数残されています。こちらは、1993年のマーラー「交響曲第2番」。ハイティンク63歳の円熟期の演奏で、シルヴィア・マクネアー、ヤルド・ファン・ネスという当時のスター歌手がソリストに迎えられています。ベルリン・フィルの《復活》は、その後アバドやラトルが何度も取り上げ、このオケのトレードマーク的な曲になりましたが、カラヤン時代にはあまり取り上げられず、正式なCDや映像として残っているのは、意外にもこのハイティンクの演奏が最も古いものとなります。

© 1993 EuroArts Music International, VIDEAL/brilliant media, SFB

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する