ハイティンクがマーラーの交響曲第3番を指揮

ハイティンクは1990年代にマーラーの交響曲を連続上演し、一部をフィリップス(現デッカ)・レーベルに録音しました。このマーラー「交響曲第3番」は、その中核を成すもの。独唱にアメリカのアルト、フローレンス・クイヴァーを招き、声高にならない大人の名演を聴かせています。一連のマーラー・シリーズの映像と同様、このヴィデオも長らくソフト等で観ることができませんでしたが、デジタル・コンサートホールについにアップされました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ベルナルド・ハイティンク

フローレンス・クイヴァー

エルンスト・ゼンフ合唱団

テルツ少年合唱団

© 1990 EuroArts Music International

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー