アーティスト

ベルナルド・ハイティンク

指揮

大げさな表現を避け、自分が語るのではなく、作品自身に語らせる。それがベルナルド・ハイティンクの信条である。1961年から88年まで故郷オランダのコンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を務め、ロンドン、ボストン、ドレスデン、シカゴの楽団で首席指揮者を歴任した。2004年、ベルリン・フィルはハイティンクに名誉団員の称号を贈っている。

グラインドボーン音楽祭やロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督を務めるなどオペラの分野でも長年活躍したが、21世紀への転換期を境にシンフォニーレパートリーに専念するようになる。ベルリン・フィルとは1964年のデビュー以来、共演したコンサートは200以上に上り、ツアーや音楽祭でも共演を重ねた。中でもマーラーはハイティンクの重要なレパートリーであり、これまで完成したすべての交響曲を指揮し、第8番を除いては録音もしている。そのほか、ベートーヴェン、ブラームス、ブルックナーなどの作品の解釈に定評がある。

コンサート映像

全19件を表示

ドキュメンタリー

インタビュー

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー