ベルリン・フィル、日本のために演奏。指揮はハイティンク

ベルリン・フィルにとっても、2011年3月11日の東日本大地震のニュースは大きな衝撃でした。オーケストラと指揮者のベルナルド・ハイティンクは、3月18日の演奏会を日本に捧げています。トレイラーでは、サー・サイモン・ラトルとゼバスティアン・ヘーシュ(第1ヴァイオリン・日本語)のメッセージもご覧いただけます。コンサートでは、予定されていたウェーベルン《夏の風のなかで》の代わりに、ルトスワフスキ「弦楽のための哀悼曲」が演奏されました。続いてルトスワフスキ「交響曲第4番」、レイフ・オヴェ・アンスネスの独奏でブラームス「ピアノ協奏曲第2番」が上演されています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ベルナルド・ハイティンク

レイフ・オヴェ・アンスネス

コンサート解説

© 2011 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー