ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》を指揮

チャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》は、その5年前に初演された《エフゲニー・オネーギン》と同様、プーシキンの詩が元になっています。ピョートル1世の歴史的な出来事を背景に、ウクライナのコサック指導者の悲劇的な人生と愛を描いた作品です。今回のフィルハーモニーでの演奏会形式上演では、キリル・ペトレンコの指揮、さらにトップクラスの歌手たちのアンサンブルによる演奏をお楽しみください。「ペトレンコは、劇的なドラマと親密なシーンというこの作品の2つの極を確かな本能をもってドライブし、緊張感を緩めることなく、聴衆を激しく魅了した」(『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙)。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

ヴラジスラフ・スリムスキー

オルガ・ペレチャツコ

ディミトリー・イヴァシュシェンコ

ドミトリー・ウリヤノフ

オクサーナ・ヴォルコヴァ

ドミトリー・ゴロヴニン

アレクサンドル・クラヴェッツ

アントン・ロシツキー

ベルリン放送合唱団

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー