ペトレンコがR・シュトラウスのオペラ《影のない女》を指揮

とてつもない音の奔流と、大いなる声の祭典。多数の出演者に初めから終わりまで最高レベルのパフォーマンスを要求するR・シュトラウスのオペラ《影のない女》が、キリル・ペトレンコ指揮により演奏会形式で上演されました。エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー、ミンナ=リーサ・ヴァレラ、ミヒャエラ・シュスター、ヴォルフガング・コッホ、クレイ・ヒレイが主要な役を熱演した本公演では、「ペトレンコはフレーズをどこに導けばよいかを熟知しており、完璧なリハーサルを重ねたオーケストラによる、素晴らしく美しい音」が響きました(「ベルリナー・ツァイトゥング」紙)。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

クレイ・ヒレイ

エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー

ミヒャエラ・シュスター

ヴォルフガング・コッホ

ミンナ=リーサ・ヴァレラ

© 2023 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー