2019年4月28日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ズービン・メータ

アルセン・ソホモニアン, ソーニャ・ヨンチェヴァ, ルカ・サルシ

  • ジュゼッペ・ヴェルディ
    歌劇《オテロ》第1・2幕(演奏会形式上演) (72分)

    アルセン・ソホモニアンテノール/オテロ), ソーニャ・ヨンチェヴァソプラノ/デズデーモナ), ルカ・サルシバリトン/イアーゴ), アンナ・マラヴァージメゾソプラノ/エミーリア), フランチェスコ・デムーロテノール/カッシオ), グレゴリー・ボンファッティテノール/ロデリーゴ), ジョヴァンニ・フルラネットバス/モンターノ), フェデリコ・サッキバス/ロドヴィーコ), マティアス・テンゲスバス/伝令), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

  • ジュゼッペ・ヴェルディ
    歌劇《オテロ》第3・4幕(演奏会形式上演) (87分)

  • 無料映像

    ズービン・メータ(聞き手:ノア・ベンディックス=バルグリー) (4分)

ヴェルディが75歳のときに書いた《オテロ》は、比類なきドラマ性と叙情的な歌を兼ね備えた、この作曲家の一つの到達点といえる傑作です。今年のバーデン=バーゼン・イースター音楽祭でズービン・メータ指揮により舞台上演された後、本拠地のフィルハーモニーで演奏会形式上演されました。ソホモニアン(テノール/オテロ)、ヨンチェヴァ(ソプラノ/デズデーモナ)を始めとする卓越した歌手アンサンブル、ベルリン放送合唱団という顔ぶれによる公演は、「この音楽のこれ以上の演奏はないだろう」(『ベルリーナー・ツァイトゥング』紙)と賞賛されました。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する