ペトレンコがチャイコフスキーと2つの新作を指揮

この公演では、キリル・ペトレンコがチャイコフスキーの幻想曲《フランチェスカ・ダ・リミニ》を指揮するほか、個性的な音言語を見出した2人の女性作曲家の作品を紹介します。ジュリア・ウルフは、クラシック、フォーク、ロックなどの音楽からインスピレーションを得て、引き込まれるような作品を作曲しています。またリサ・シュトライヒの音楽は、力強い動きのエネルギーに彩られた、繊細な音の織物に富んだものです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー