マテ・スーチュ ポートレート(日本語字幕付き)

マテ・スーチュは、ハンガリーとベルギーで学んだ後、様々なコンクールに入賞。バンベルク響、ドレスデン・シュターツカペレで活躍し、2011年にベルリン・フィルに第1ソロ・ヴィオラ奏者として入団しました。このポートレートでは、初め学んでいたヴァイオリンをやめてヴィオラに転向した理由、自然と故国ハンガリーの音楽への愛情について語っています。

監督: ジビル・シュトローベル および ト―ベン・ヤーコブセン (2017)

マテ・スーチュ

ジャンル

アーティスト

マテ・スーチュ ヴィオラ
概要

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー