ヴィーラント・ヴェルツェル ポートレート(日本語字幕付き)

ヴィーラント・ヴェルツェル ポートレート(日本語字幕付き)

監督:ジビル・シュトローベル

ヴィーラント・ヴェルツェル

8分

ティンパニ奏者は、鋼鉄の神経を必要とする職業です。一発一発がジャストミートでなければならないだけでなく、ずれが生じたら、すべての人に分かってしまいます。ここでヴィーラント・ヴェルツェル(1997年入団)は、その難しさ、とりわけ打点のタイミングについて、たいへん興味深い話を聞かせています。彼が使用している楽器は、ベルリンのティンパニ工房ハルトケによるもので、「ベルリン式」と呼ばれる直径90センチの楽器。ブルックナー「交響曲第7番」の第1楽章、第4楽章のコーダでは、長大なトレモロが要求されますが、ここでは、その響きのあり方についても語られています。

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する