ポートレート:ラウレンティウス・ディンカ

監督:ジビル・シュトローベル

ラウレンティウス・ディンカ

9分
第1ヴァイオリン奏者のラウレンティウス・ディンカは、ルーマニアの出身。1984年のカラヤン時代にベルリン・フィルに入団し、キリル・ペトレンコに至るまで4人の首席指揮者を体験した世代です。室内楽奏者としても精力的に活動する彼は、個性的なキャラクターが光るベルリン・フィルの「名物」のひとりと言えるでしょう。
デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する