ポートレート:マドレーヌ・カルッツォ(日本語字幕付き)

ヴァイオリン奏者のマドレーヌ・カルッツォは、ヘルベルト・フォン・カラヤンからキリル・ペトレンコ時代まで、約40年もの間ベルリン・フィルのメンバーとして活動してきました。この「ベルリン・フィル団員とその楽器たち」シリーズで、スイス出身のカルッツォはギターを通じて有名なヴァイオリン教師にレッスンを受けるようになった経緯や、1982年に女性として初めてベルリン・フィルにポストを得たときの心境を語っています。

監督: ジビル・シュトローベル (2022)

マドレーヌ・カルッツォ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー