スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(聞き手:ダニエル・スタブラヴァ)

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキがベルリン・フィルに客演しました。彼は80年代にすでにベルリン・フィルを指揮していますが、この時が約20年ぶりの登場となりました。ブルックナー指揮者として高い評価を得ているスクロヴァチェフスキが、交響曲第3番を指揮します。前半はハルトマンの「ジロドゥの『ソドムとゴモラ』による情景」。マティアス・ゲルネがバリトンのソロを務めています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第1コンサートマスター、ダニエル・スタブラヴァです。

© 2011 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー