インタビュー
2011年12月4日

ダニエル・スタブラヴァ(聞き手:クリストフ・シュトロイリ) (17分)

イヴァン・フィッシャーは、ベルリン・フィルではお国もののハンガリー音楽を頻繫に指揮していますが、今回の演奏会でも、あまり演奏されないドホナーニとフーバイの作品が取り上げられます。ソリストは、ベルリン・フィル第1コンサートマスターのダニエル・スタブラヴァ。今シーズンは協奏曲のソリストに楽団内の首席奏者が登場しますが、この演奏会はその第1弾です。軽やかでメランコリーに満ちたシューベルトの「交響曲第5番」も大きな聴きものになっています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、クリストフ・シュトロイリです。

コンサート