インタビュー
2013年12月21日

バーバラ・ハニガン(聞き手:ハンス・エブラハムゼン、ポール・グリフィス) (18分)

2013年最後の定期演奏会は、アンドリス・ネルソンスの指揮で行われました。前半ではヴァスクスとエブラハムセンという北欧の2人の作曲家の作品が取り上げられ、エブラハムセンの新作ではソプラノのバーバラ・ハニガンが独唱を務めています。メインはブラームスの交響曲第4番。ネルソンス指揮のベルリン・フィルでは初となったブラームスの交響曲の共演をぜひお聴きください。インタビューの聞き手は、エブラハムセンと台本作家のポール・グリフィスです。

コンサート