インタビュー
2013年2月16日

バーバラ・ハニガン(聞き手:ジョナサン・ケリー) (22分)

サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが、シューマン作曲の交響曲第3番《ライン》とオペラ《ゲノフェーファ》序曲を取り上げます。デュティユーのソプラノとオーケストラのための《コレスポンダンス》は、2003年にラトル指揮ベルリン・フィルによって初演され大成功を収めた作品。現代音楽のスペシャリストとして定評のあるカナダ出身のソプラノ歌手、バーバラ・ハニガンがソロを務めます。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、ジョナサン・ケリーです。

コンサート