ベルナルド・ハイティンク(聞き手:ペーター・ブレム)

ベルナルド・ハイティンクが初めてベルリン・フィルを指揮したのは、1964年3月12日のことでした。共演50周年にあたる記念すべきこの定期演奏会では、ソリストにエマニュエル・アックスを迎え、モーツァルトのピアノ協奏曲第9番《ジェナミー》とブルックナーの交響曲第4番《ロマンティック》を取り上げました。ブルックナーのスペシャリストとして名高いハイティンクの指揮をお楽しみください。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第1ヴァイオリン奏者、プーター・ブレムです。

© 2014 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー