インタビュー
2020年7月7日

デニス・マツーエフ(聞き手:アレクサンダー・イヴィッチ) (8分)

今回のザ・ベルリン・フィル・シリーズでは、20世紀前半に書かれた作品を特集します。メインは、ピアノ独奏にデニス・マツーエフ、トランペット独奏にギヨーム・ジェルを迎えたショスタコーヴィチ「ピアノ、トランペットと弦楽合奏のための協奏曲」。1927年に初演されたイギリスの作曲家、アーサー・ブリスのオーボエ五重奏曲は、多くの方にとって新たな発見となるでしょう。アーカイブからは、昨年12月に逝去したマリス・ヤンソンス指揮によるバルトーク《中国の不思議な役人》組曲をお聴きいただきます。

コンサート