デジタル・コンサートホールがファンの皆様のために無料開放!
フィルハーモニーは閉鎖されました。しかしベルリン・フィルは演奏し続けます! 無料クーポンコード BERLINPHIL をご利用ください。デジタル・コンサートホールのすべてのコンテンツが、ご自由にご覧いただけます!
無料クーポンを使用する
インタビュー
2014年3月22日

アンドレアス・ブラウ(聴き手:エマニュエル・パユ) (29分)

2010年10月、カナダ人指揮者のヤニック・ネゼ=セガンがベルリン・フィルの定期演奏会にデビューした際、ベルリンの新聞は「指揮者界の新星による記憶に残る夕べ」と讃えました。ロッテルダム・フィルの音楽監督、フィラデルフィア管音楽監督など名だたるオーケストラの重責を務めるネゼ=セガンが、マーラーの交響曲第4番をメインとしたプログラムで再登場しました。前半は40年以上に渡って当団の首席フルート奏者を務めたアンドレアス・ブラウが、ライネッケのフルート協奏曲を披露しています。インタビューの聞き手は、もう1人の首席フルート奏者、エマニュエル・パユです。

コンサート