インタビュー
2013年9月8日

クリスティアン・ゲルハーヘル(聞き手:アルブレヒト・マイヤー) (13分)

ベルリン音楽祭の一環で行われる当演奏会では、中欧を代表する3人の作曲家の作品が取り上げられます。ルトスワフスキの交響曲第2番、マーラーの《さすらう若人の歌》、そしてヤナーチェクのグラゴル・ミサです。サイモン・ラトルはドラマと生命力に満ちあふれたこのグラゴル・ミサをかねてよりを得意としており、ベルリン・フィルとの共演は今回13年ぶりとなります。どうぞご期待ください。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、アルブレヒト・マイヤーです。

コンサート