インタビュー
2013年9月21日

アントニ・ヴィット(聞き手:クシシュトフ・ポロネク) (16分)

ポーランド出身の作曲家クシシュトフ・ペンデレツキは、無調性の究極を極めたいわゆるトーン・クラスターの書法で知られており、そのもっとも卓越した例が、今回演奏された《ルカ受難曲》です。指揮を務めるアントニ・ヴィットは、ペンデレツキの作品解釈の権威として知られています。この畢生の大作が国際的なソリストとベルリン・フィルによって上演される貴重な機会となりました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第1ヴァイオリン奏者、クシシュトフ・ポロネクです。

コンサート