ブリュノ・ドルプレール、マテ・スーチュ(聞き手:サラ・ウィリス)

当公演を指揮する予定だったロリン・マゼールは、健康上の理由のためキャンセルとなり(その後2014年7月に逝去)、代わりにセミヨン・ビシュコフが指揮台に立つことになりました。前半のシュトラウス作曲の交響詩《ドン・キホーテ》はそのままで、後半ではシューベルトの交響曲第8番《グレート》が演奏されました。ビシュコフはロマン派から近現代にかけての作品の解釈を得意としており、前のシーズンに客演した際のショスタコーヴィチの交響曲第11番同様、ここでもスケールの大きな演奏を披露しています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスです。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー