インタビュー
2017年4月22日

バーデン=バーデン・イースター音楽祭2017ライブ・ラウンジ (12分)

プッチーニの《トスカ》と言えば、かつてヘルベルト・フォン・カラヤンがベルリン・フィルと上演し、絶大な成功を収めたオペラです。1979年に録音された全曲盤は、この作品のスタンダードとして広く知られています。今回は、サー・サイモン・ラトルが指揮。ローマの歌姫を演じるのは、ラトヴィアの人気ソプラノ、クリスティーネ・オポライスです。ベルリン・フィルが同曲を演奏するのは、1982、1988、1989年の上演に続き、実に28年ぶりとなります。ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスによるライブ・ラウンジをご覧ください。

コンサート