ミヒャエル・ボーダー(聞き手:ファーガス・マクウィリアム)

ミヒャエル・ボーダー指揮による当公演では、カーターの100×150の音符のお祝い、シューマンの交響曲第3番《ライン》、ルトスワフスキの管弦楽のための協奏曲という極めて多様な演目が並びます。ワーグナーの情熱的なヴェーゼンドンク歌曲集では、バイロイト音楽祭の常連、ソプラノのアニヤ・カンペが独唱を務めました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのホルン奏者、ファーガス・マクウィリアムです。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー