インタビュー
2020年9月16日

F・P・ツィンマーマン、ベルクのヴァイオリン協奏曲について語る (4分)

当演奏会では、キリル・ペトレンコがベルクとドヴォルザークの2曲を指揮します。1936年に初演されたベルクのヴァイオリン協奏曲では、フランク・ペーター・ツィンマーマンがソロを担当。《ある天使への思い出に》と副題が付いたこの作品では、作曲家の個人的な想いが吐露されています。

コンサート