ピョートル・アンデルジェフスキ(聞き手:クシシュトフ・ポロネク)

ベルリン・フィルにジョヴァンニ・アントニーニが登場しました。古楽系指揮者として名高い彼は、ベルリン・フィルともすでに共演を重ねていますが、今回のプログラムはハイドンの交響曲第101&103番です。モーツァルトのピアノ協奏曲第24番を演奏するのは、ピョートル・アンデルジェフスキ。知的な音楽作りで知られるポーランドの俊英です。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第1ヴァイオリン奏者、クシシュトフ・ポロネクです。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー